ウラジロガシ



ウラジロガシのどんぐり

ウラジロガシのどんぐり
ウラジロガシのどんぐり

殻斗付き

ウラジロガシの葉

ウラジロガシの葉

オモテ側

ウラジロガシの葉

ウラ側

ウラジロガシの木

ウラジロガシの木
ウラジロガシの木
ウラジロガシの樹皮
ウラジロガシのどんぐり

BACK

ウラジロガシ(Quercus salicina Blume)
語源 葉の裏がロウ物質でおおわれて白くみえるから
別名、方言 ホソバガシ、ササガシ、ハボソ、ヤナギガシ
分布 宮城県と新潟県から西の本州、四国、九州、沖縄
生育地 丘〜山地帯下部
花期 4〜5月頃、風媒花
果実期 2年成、10〜11月頃
果実の形状 細長い卵型
殻斗 杯型、同心円状
常緑/単葉/互生
鋸歯:上から2/3程鋭い鋸歯

葉の大きさの目安
 長さ:9〜15cm
 幅:2.5〜4.0cm
 葉柄:0.8〜1.8cm
 葉脈:10〜15対
用途 建築材、家具、洋酒樽
薪炭、ウラジロガシ茶

BACK

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO